福岡の都会、博多にも親切なほうがいっぱい!

ある日、小さい幼児を連れ、バスで区役所に行こうとターミナルで控えると、単独の女性が「かわといいね。近頃何か月くらい?」と話しかけてきました。それをきっかけに、バスを控える寸法女性とお喋りをしていました。その女性は「僕は年子の男児を2お客様育てたから、大変さが凄い分かる。でも今は幼児もいい大人になって頑張ってるのよ」などお話してくれました。話しているとバスがいらっしゃるのが見えました。女性もバスが近づいてくるのを見て、「郵便持つよ」と言い、おむつや母乳が入った些か重苦しい郵便を持ってくれました。車内でのますますお喋りをしていると、女性は「次のターミナルで飛び降りる」と言い持っていてくれた郵便を僕に返し、消える前に「大変けど頑張ってね」と言ってくれました。僕は鹿児島の僻地発育だったので、福岡のそんな都心にも、こんなに優しい人がいるのかとありがたく思いました。幼児もほんのり大きくなり、発進も増えましたがたえず知らない誰かが優しくしてくれて謝意サンキュー。銀座カラー コース

福岡の都会、博多にも親切なほうがいっぱい!