元時天空の間垣親方が死去寂しくてたまらない。

相撲好きです。皆さんは元小結のモンゴル人時天空さんはご存知でしょうか?現役時代曲者と言われけたぐりやちょんがけなど多彩な技を繰り出す個性豊かな力士でした。その時天空さんが悪性リンパ腫におかされたのは2年ほど前、右脇腹に痛みが発生し、抗がん剤治療に取り組んでいた。土俵への復帰を目指していたが、36歳だった16年8月に引退を発表し、年寄「間垣」を襲名した。しかし病状が悪化し37歳という若さでこの世を去ってしまった。昨年の7月元、横綱千代の富士さんも癌、一昨年に亡くなった元、横綱北の湖さんも癌、いずれも61歳の若さだった。本当にこの日本という国が戦後目覚ましい発展を遂げて平均寿命80歳を過ぎたこの時代に於いても元力士の平均寿命は60歳にも満たない。癌は仕方がないが元横綱 隆の里さんは現役時代150キロしかし引退後は200キロを超え58歳の若さでこの世を去っている。大相撲ファンの私としては強かった横綱たちが早く亡くなるのは残念で仕方ありません。日本人の国技である大相撲の成り手がいなくなってしまうのではないかという危機感すら感じます。相撲好きの私としては一日でも長生きするために現役引退後は節制に取り組んで欲しいです。

元時天空の間垣親方が死去寂しくてたまらない。